肺高血圧症の病態の解明、診断能と治療成績の向上、および治療指針の確立をはかり、貢献することを目的として活動を行っております

本学会について

「日本肺高血圧・肺循環学会」会則施行細則第2号
委員会および委員に関する細則

(適 用)

第1条

日本肺高血圧・肺循環学会(以下「本会」という)は、委員会および委員について会則第38条に規定することの他にこの細則を定める。

(委員会の設置と委員の委嘱)

第2条

理事長は、本会の会務を執行するために必要な委員会を設置し、委員会委員は原則として評議員の中から理事長が委嘱する。

(理事の選任)

第3条

理事の選任に関しては、総務委員会で推薦し総会で決定する。肺高血圧・肺循環領域における、臨床・研究業績を総じて判断する。

(常置委員会と特別委員会)

第4条

委員会には、常置委員会と特別委員会をおく。常置委員会の委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。常設委員会の中に、総務委員会を設置する。総務委員会の委員は、理事長、副理事長とする。

2

特別委員会委員の任期は1年以内とし、再任を妨げない。特別委員会は、その業務、目的が終了した時点で解散する。

(委員長の選任)

第5条

委員長は、理事会の推薦により決定する。

(アドバイザーの選任)

第6条

理事長は委員長の要請により理事会の議を経て、委員会にアドバイザーをおくことができる。
アドバイザーの任期は1年以内とし、再任を妨げない。

(委員の選任方法)

第7条

委員は委員長の推薦によって決定する。

(評議員の選任)

第8条

評議員は、正会員の中から理事会による推薦により選出される。評議員数は、原則として、それぞれの施設・関連施設の会員数を鑑みて理事会で決定する。

(議事録)

第9条

委員会開催の都度、各委員会委員長はその議事録をできるだけ速やかに理事長に提出する。

(年次報告書および次年度予算案)

第10条

各種委員会委員長は理事会開催の30日前までに、委員会年次報告書および次年度予算案を理事長に提出する。

附 則

1.

この規程の変更は、理事会において行う。

2.

この規程は、平成28年4 月1日から施行する。