肺高血圧症の病態の解明、診断能と治療成績の向上、および治療指針の確立をはかり、貢献することを目的として活動を行っております

本学会について

『日本肺高血圧・肺循環学会』発足まで

本学会の成立にあたり、まずは東北大学大学院医学系研究科 循環器内科学教授 下川 宏明先生、慶應義塾大学医学部 循環器内科学教授 福田 恵一先生のご尽力に敬意を表します。

下川 宏明先生は肺循環に関る多彩な分野の多くの研究者・医療者が参加し、情報交換、共同研究を行える場を提供したいと「日本肺循環学会」設立のために奔走くださいました。福田 恵一先生は肺高血圧症ワールドシンポジウムから発信される先進的な研究成果を前に、日本でも領域横断的な多施設連携による研究体制の整備が急務と「日本肺高血圧学会」設立のために奔走くださいました。

おふたりの先生の熱意とご尽力を礎に、両学会をさらに発展させるために選ぶ道について、日本中の研究施設・医療機関の多くの方々の模索、熟考が続きました。

2014年10月、第3回日本肺循環学会(学会長 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 循環器内科教授 伊藤 浩先生)・第2回日本肺高血圧学会(学会長 千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科学 教授 巽 浩一郎)において、両学会を合同学術集会として開催しようという試みがなされました。

「Pulmonary Hypertension ~Inspire the Next~ 多分野融合による症例蓄積から未来へ向かって」というテーマのもと、循環器内科、呼吸器内科、膠原病内科、小児循環器、心臓血管外科、放射線画像診断、肺移植など、臨床の現場で肺高血圧症を含む肺循環障害の診療にあたる先生方、研究に取り組む方々にご参集いただき、最新の知見が提供され、分野を越えての議論が展開されました。加えてその熱い会場で、肺高血圧症を初めとした肺循環疾患に対し、「オールジャパン」で臨もうという方針がおのずと示され、多くの先生方から賛意が寄せられました。

その賛意は2015年10月開催の第4回日本肺循環学会(学会長 東邦大学医療センター大森病院小児科教授 佐地 勉先生)・第3回日本肺高血圧学会(学会長 藤田保険衛生大学リウマチ・感染症内科教授 吉田 俊治先生)合同学術集会に引き継がれ、テーマ「Pulmonary Vascular Diseases:Education, Experience, and Evidence ~学会の融合から始まる学際的な発展~」のもと、たいへん有意義で、実りの多い会へとつながっています。

先進的な研究成果を可能としている海外には、こうした難治疾患に対して国レベルでのレジストリー登録システムがあり、診療・研究が一体になった強力な体制構築がなされています。そうしたシステムに追いつき、「オールジャパン」で世界に挑もうという機運が高まり、東京女子医科大学 教授 中西 敏雄先生のリーダーシップのもと「学会あり方委員会」が組織され、日本肺高血圧・肺循環学会の設立に向かい準備が進みました。

そして2015年10月2日開催の合同理事会において、両学会の統合、新学会運営に関する基本方策の合意が成り、日本肺高血圧・肺循環学会誕生に至った次第です。

我が国における肺高血圧症の研究を振り返ったとき、厚生労働省より委託されて構成された『班』を中心にして、国内で実績のある研究施設・医療機関が参加し成果を積んできたといえましょう。1975(昭和50)年、慶應義塾大学医学部呼吸循環内科の笹本 浩教授を班長とした厚生省特定疾患「原発性肺高血圧症」調査研究班から始まり、1978(昭和53)年からの厚生労働省「呼吸不全に関する調査」研究班、1982(昭和57)年からの「混合性結合組織病(MCTD)調査」といった歩みがあります。それぞれの班を率いた班長の強力なリーダーシップ下でまとめられた成果はわたしたちの財産です。その財産を土台に、次代に向け、さらに研究の成果を発展させるミッションをわたしたちは負っています。ここにあらためて学会を組織し、日本国中の経験豊かな人材からフレッシュな才能まで、多領域にわたって広く多くの会員を得ることで、「オールジャパン」の取り組みが可能になることを願っています。