肺高血圧症の病態の解明、診断能と治療成績の向上、および治療指針の確立をはかり、貢献することを目的として活動を行っております

本学会について

2017.4.25 2017年度日本肺高血圧・肺循環学会「学会奨励賞」受賞者が決定しました。

2017年度 日本肺高血圧・肺循環学会「学会奨励賞」受賞者および受賞研究題目

重城 喬行(千葉大学医学部 呼吸器内科)

肺高血圧症における肺動脈リモデリング ”small vessel disease” の病態への関与

研究要旨

肺高血圧症の肺組織には筋性肺動脈にリモデリング所見が認められることが知られていたが、血行動態へ与える影響について検証はこれまで行われてこなかった。我々はCTEPH患者の生検肺組織を用い、肺動脈リモデリングの程度を病理学的に定量化し検討した。肺動脈リモデリングがPEA術後遺残肺高血圧の原因であること、PEA術後の低酸素血症にも影響を与える事を明らかにした。SUGEN/Hypoxiaラットの検討においても血行動態に肺動脈リモデリングの程度が血行動態に直接的影響を与えることを明らかにした。肺高血圧症の病態の本質が肺動脈のリモデリングに帰着するという疾患概念を改めて明確とした。